分野紹介

グラフィックデザイナー、アートディレクターをめざす。

すばやく、わかりやすく、そして魅力的に伝える。
ポスターや出版物、Webサイトといった情報伝達メディアで常に求められるのが、ヴィジュアルコミュニケーションの力です。
その担い手である、グラフィックデザイナーやアートディレクターが決まって携えているのは、既成概念にとらわれずにものを観る力、無限に発想を広げられる力、そして、メディアの特性を生かして表現する力です。
プロフェッショナルに必要なスキルは、ここでのトレーニングの積み重ねによって養われます。
柔軟な感性、高い表現力、そして個性。これらを武器に、どんなメディアにも対応できるクリエイターになる。本コースは、そんな志を育てていきます。
1年次後期

イメージの具現化に必要な基礎を固める。

情報デザインの役割や、メディアのあり方を考察するのと同時に、情報の収集や分析、企画、編集デザインを体験します。グラフィックデザインに不可欠の「文字のデザイン」は、デジタルフォントだけでなく、活版印刷にも触れながら習得。デザインワークに必須のコンピュータは、具体的な制作作業を重ねながら、使いこなせるようにしていきます。

専攻専門科目
[必修] 情報デザイン基礎、コンピュータ実習A、コンピュータ実習B
[選択必修] 情報デザイン概論、装飾デザイン概論、空間デザイン概論、染織概論、照明概論、環境概論、ニューメディア概論
授業風景
2年次前期

豊富な実践を通じて、総合的にスキルを高める。

わかりやすく魅力的なデザインの追求。情報収集からプランニング、そしてプレゼンテーションまでの実践。Webやパッケージ、およびサインのデザイン。これら実践的な課題を通じて、即戦力にふさわしいスキルを身につけるのがこの年次です。デザイナーには欠かせない豊かな想像力と表現力を高めていくのも、この時期の目標です。

専攻専門科目
[必修] 情報デザイン、情報企画デザイン、ヴィジュアルデザイン、メディアデザイン、共通プログラムⅡ
[選択必修] 情報メディア論 、記号論、環境造形論、モード&テキスタイル概論
授業風景
彫活版工房
2年次後期

目的意識をもって、視覚情報をデザインする。

ここまでに学んだ、情報を効果的に伝えるヴィジュアルコミュニケーションの理論と、実践的なスキルを生かして、卒業制作に取り組みます。そこでは、社会と人とのつながりや、現代のコミュニケーションのあり方を見つめながら、作品テーマを設定。高い目的意識を持ちながら視覚情報をデザインする、プロの制作現場では必須の力を養います。

専攻専門科目
[必修] 卒業制作
[選択必修] インテリア概論、プロダクトデザイン論
カリキュラム
curriculum
1年次後期(※平成29年度〜)
2年次前期・後期