分野紹介

ヒト・モノ・スペースの関係をデザインする。

私たちが使っている様々なモノ、私たちが体感する多様なスペースは、ヒトの生活のためにあります。
オブジェでも、家具でも、あるいはインテリアでも、それが置かれる場所との関係、それを使う、そこに居るヒトとの関係からデザインが成立します。
スペース分野ではプロダクト、家具、ディスプレイ、インテリアなど、三次元の立体や空間デザインの実践を通して、デザインのために必要となる多様な視点、発想の引き出しを獲得していきます。

1年次後期

「基礎力を身につけ専門分野に臨む」

追求したい専門分野を「グラフィック」「メディア」「テキスタイル」「スペース」の中から選択します。専門分野を学ぶために必要な発想力や造形力、コンピュータスキルなどの基礎力を全分野共通で学び、その後、培った基礎力をベースに各専攻分野の授業に臨みます。

専攻専門科目
[必修] デザイン基礎Ⅰ、デザイン基礎Ⅱ、コンピュータ実習
[選択必修] 情報デザイン概論、装飾デザイン概論、空間デザイン概論、染織概論、照明概論、環境演出論、ニューメディア概論
授業風景
2年次前期

「専門分野を極めスキルを高める」

さらに専門性を高める2年次。豊富な実践や考察を通じて、専門的なスキルを身につけ、デザイナーに欠かせない豊かな創造力と表現力を養っていきます。卒業制作や卒業後の進路をイメージしながら、自らの可能性を追求します。

専攻専門科目
[必修] デザイン表現Ⅰ、デザイン表現Ⅱ、デザイン表現Ⅲ、デザイン表現Ⅳ
[選択必修] モード&テキスタイル概論、記号論、環境造形論、情報メディア論
制作風景
制作風景
制作風景
2年次後期

「将来を見据えて卒業制作に挑む」

将来を見据え、卒業制作のテーマを設定。これまでの学びで得た発想力、表現力を駆使して2年間の集大成に挑みます。ここでの目標は、創作の難しさを知り、それを乗り越えること。そうした経験を経て、社会で活躍できるクリエイターとしての素養を育てます。

専攻専門科目
[必修] 卒業制作
[選択必修] インテリア概論、プロダクトデザイン論
カリキュラム
curriculum
1年次後期
2年次前期・後期
  • 教員紹介
    客員教授
    桑島 十和子
    教授
    後藤 浩介
  • お問い合わせ

    〒166-8538
    東京都杉並区和田1-49-8
    tel 03-5340-4500(代表)