分野紹介

「染」と「織」の可能性を探る

テキスタイルでは糸や布を染めたり織ったりすることを始め、フェルトや紙漉など幅広い繊維素材に触れ自らの手をつかい表現していきます。
社会の中で重要な位置を示しているテキスタイルを環境・人・モノなど通し考察しテキスタイルの要素である素材、色彩、技法、自身の感性とで表現すること。「アート」と「デザイン」2つの面からアプローチします。
制作風景
制作風景
授業風景
カリキュラム
curriculum
2年次前期・後期