分野紹介

「染」と「織」の可能性を探る

テキスタイルでは糸や布を染めたり織ったりすることを始め、フェルトや紙漉など幅広い繊維素材に触れ自らの手をつかい表現していきます。
社会の中で重要な位置を示しているテキスタイルを環境・人・モノなど通し考察しテキスタイルの要素である素材、色彩、技法、自身の感性とで表現すること。「アート」と「デザイン」2つの面からアプローチします。
1年次後期

「基礎力を身につけ専門分野に臨む」

追求したい専門分野を「グラフィック」「メディア」「テキスタイル」「スペース」の中から選択します。専門分野を学ぶために必要な発想力や造形力、コンピュータスキルなどの基礎力を全分野共通で学び、その後、培った基礎力をベースに各専攻分野の授業に臨みます。

専攻専門科目
[必修] デザイン基礎Ⅰ、デザイン基礎Ⅱ、コンピュータ実習
[選択必修] 情報デザイン概論、装飾デザイン概論、空間デザイン概論、染織概論、照明概論、環境演出論、ニューメディア概論
授業風景
2年次前期

「専門分野を極めスキルを高める」

さらに専門性を高める2年次。豊富な実践や考察を通じて、専門的なスキルを身につけ、デザイナーに欠かせない豊かな創造力と表現力を養っていきます。卒業制作や卒業後の進路をイメージしながら、自らの可能性を追求します。

専攻専門科目
[必修] デザイン表現Ⅰ、デザイン表現Ⅱ、デザイン表現Ⅲ、デザイン表現Ⅳ
[選択必修] モード&テキスタイル概論、記号論、環境造形論、情報メディア論
制作風景
制作風景
授業風景
2年次後期

「将来を見据えて卒業制作に挑む」

将来を見据え、卒業制作のテーマを設定。これまでの学びで得た発想力、表現力を駆使して2年間の集大成に挑みます。ここでの目標は、創作の難しさを知り、それを乗り越えること。そうした経験を経て、社会で活躍できるクリエイターとしての素養を育てます。

専攻専門科目
[必修] 卒業制作
[選択必修] インテリア概論、プロダクトデザイン論
カリキュラム
curriculum
1年次後期
2年次前期・後期